トップページ | 2007年3月 »

マカロン

1862年創業のパリのサロン・ド・テ「LADUREE」。繊細な味わい、かわいらしい色合いにすっかり魅了され今では、大のマカロンファン。箱のパッケージもおしゃれ★パリの人々も並んで買わなければいけないほど人気の高いお店ですが、一度お試しあれ~♪http://www.laduree.fr/index.htm

2007_0220paris0670

| | コメント (12)

Dauphine号

セーヌ川クルーズ

2007_0220paris0647_1

| | コメント (0)

散歩

パリをお散歩

2007_0220paris0637

2007_0220paris0653

2007_0220paris0656

2007_0220paris0652

| | コメント (0)

フレンチ

日本人が作るフランス料理店へ

2007_0220paris0621

2007_0220paris0622

2007_0220paris0625

2007_0220paris0626

| | コメント (0)

エスカルゴ---Escargot

フランス料理の代表的なエスカルゴの専門店。

Photo_22

| | コメント (0)

旧市街

2007_0220paris0606

2007_0220paris0596_1 

| | コメント (0)

Photo_21

| | コメント (0)

モン・サンミシェル

パリから日帰りでモン・サンミシェルのツアーに参加しました

モン・サン-ミシェル (Mont Saint-Michel) はフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院。カトリックの巡礼地のひとつであり、「西洋の驚異」と称され1979年モンサンミシェルとその湾として世界遺産に登録された。遠くからのぞむモン-サン-ミシェルは、まさに海に浮かぶ荘厳な岩山である。その神秘的な姿に魅せられて、世界中から年間250万人以上の観光客が訪れる。

Mon1

2007_0220paris0506_1

2007_0220paris0507

州ともつかぬ膨大な沼地が拡がり、その間を数本の河が縫うように流れいている。

2007_0220paris0515

修道院内部は中世の建築方式が混ざり合った独特な造り。

2007_0220paris0504

2007_0220paris0520

2007_0220paris0538

2007_0220paris0534

1

2007_0220paris0569

2007_0220paris0563

モン・サンミシェル名物プーラおばさんのオムレツ。

2007_0220paris0481

席についてしばらくするとお待ちかねのオムレツの登場。卵をよく泡立てて仕上げているだけあってふわふわな触感。バターの味さえもしない本当に卵だけというような素朴なものでした。正直、味がないのでケチャップを持参するのをお勧めします

2007_0220paris0486_1

メインは鶏の胸肉

2007_0220paris0489

デザートは、りんごのタルト

2007_0220paris0496

遠くから見ると修道院というよりも、お城のようにも見える。とても幻想的な場所。また訪れたい。

2007_0220paris0480

| | コメント (0)

パリの地下鉄

メトロ(Métro)と呼ばれるパリの地下鉄は路線網が発達しているため、どこへ行くにも便利。

Photo_20

| | コメント (0)

クレープ

ブルターニュの郷土料理「そば粉のクレープ、ガレット」の専門店。

昼夜問わずガレットやクレープを食べに来る地元の人々で賑わっているそう。

Photo_18

店内の風景。とくにレースのスタンドが可愛い。

Photo_19

| | コメント (0)

ムーランルージュ

ニコールキッドマン主演の映画ムーランルージュの舞台となった場所。ムーランルージュは、パリの花形ナイト・スポットとして高い人気を誇るキャバレー。
ムーラン・ルージュ』とは、フランス語で『赤い風車』という意味で、お店のシンボルでもあります。創業は1889年、100年余りの歴史があります。

Photo_14

坂を上るとモンマントルの丘に到着。芸術の街だったこともあってアンティークなお店やたくさんの画家の卵たちが美しい風景画や似顔絵を描いていた。

Photo_15

Photo_16

丘の一番上にあるサクレクール寺院に到着。ここからは、パリの日常が一望できる。

Photo_17

| | コメント (0)

凱旋門

カフェ、レストラン、映画館、アーケードが並ぶ華やかなシャンゼリゼ大通りから凱旋門(Arc de triomphe de l'Etoile)に向かう。

Photo_10

| | コメント (0)

自由の炎---The Flame of Liberty

偶然にも通りかかったモニュメント。

ここは、世の中の人々に衝撃を与えたダイアナ妃、パリ・アルマ橋の事故現場。ダイアナ妃を偲んで世界中から人々が訪れる。

ダイアナ妃は人類の最も美しいシンボルであり、全世界の宝だといわれている。 ダイアナがずっと私たちの心の中に生き続ける理由はたくさんありますが、中でもエイズに苦しむ人々に絶えることなく注ぎ続けた愛、暖かい心こそが、一番の理由かもしれない。

Daiana

| | コメント (0)

夜のエッフェル

キラキラとラメのように輝くエッフェル塔。(写真でうまく伝えかれなくて残念。)

ライトアップの光の演出力がとても素晴らしかった。

Photo_9

| | コメント (0)

San Valentino

バレンタインDAYだったので、相方がちょっとお洒落なレストランへ連れて行ってくれました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

| | コメント (0)

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris) はゴシック建築を代表する建物でありパリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。1991年に世界遺産に登録されました。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

Photo_1

ノートルダム大聖堂に3つあるバラ窓。

それはもう見事なステンドガラス。心を奪われる美しさでした。

Photo_2

| | コメント (0)

散歩

着生植物で覆われたビルを発見!

2007_0220paris0306

2007_0220paris0308   

| | コメント (0)

エッフェル塔

エッフェル塔は約110年前にパリ博覧会を記念して建てられました。

建設当時は、賛否両論だったのらしいのですが今ではすっかりパリの顔となっています。

http://www.tour-eiffel.fr/

Effele

このエッフェル塔の美しいシルエットを見るだけでも価値がありますが、地上276メートルの高さからパリの街を眺めるのもなかなかのものです。

Effele3

セーヌ川は、上から見ると一段と汚い色をしている。

どうにかならないものかしら・・・・

Effele2

エッフェルからあの凱旋門を眺める。緩やかな町並み(区画)がまた美しい。

Effele4

| | コメント (0)

Lunch

カジュアルフレンチ料理を食べに行きました。

Restorante1

R1

日本のフレンチに比べると、見た目も味も豪快でした。

R2

R3

R4

R5

| | コメント (0)

オペラ

Pari

| | コメント (0)

ポンピドーセンター

  ポンピドーセンターCentre Georges Pompidouは7階建てで、50,000点の近現代美術品を所蔵する国立美術館。外見はカラフルでまるで近代的な工場のよう。レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャーズの2人の建築家がコンクールで勝ち抜いたデザインだが、周りのシックなパリの景観からは浮き出ている。

http://www.centrepompidou.fr/home30ans/index.html

12

11 

17

14

15

ピカソ、ミロなどの巨匠からポップアート、現代アートまで20世紀のコレクションを持つ。

私のお気に入りのカンディンスキーの作品も展示されていました。

20

19

18

| | コメント (0)

セーヌ川

パリの発展はセーヌ川なしでは語れない歴史があるという。

現在 のセーヌ川というと写真の通り、汚く灰色で濁っています。

Kawa_1

| | コメント (0)

Apartment in Paris

2007_0220paris0048_10

旅行中、パリのアパートに滞在しました。

若き画家が住んでいたこのアパートは、まるで小さなアトリエ

のような雰囲気でとてもおしゃれでした♡2007_0220paris0035

2階は書斎。繊細な装飾が施された美しい大きな壁掛け鏡と

赤いソファーとがマッチしていて優雅な雰囲気。

2007_0220paris0051

1_1

2007_0220paris0056_17  2007_0220paris0059_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーブル美術館

数多くの美術館が点在するパリ。

なかでもルーブル美術館 MUSEE DU LOUVREは

30万点以上のコレクションを誇り年間500万人以上の人が訪れる

世界最大級の美術館です。

あのダビンチのモナリザミロのヴィーナスなど、

誰もが教科書で見たことのあるような超有名美術品の宝庫。

どこを切り取っても絵になる華の都・パリのなかでも絶対見逃せないスポットです。

http://www.louvre.fr/llv/commun/home_flash.jsp?bmLocale=ja_JP

2007_0220paris0124

フラッシュなしの撮影可能な美術館ルーブルですが、モナリザなどの一部は別で写真禁止。壁に埋め込まれ、防弾ケースに入れられて係員が目を光らせています。写真禁止という係員の声にもかかわらず写真を撮る人はいるもので、その度に係員の怒鳴り声がします。モナリザさんはさぞかし窮屈な思いをしていることでしょう。

天井

昔、宮殿だったこともあったからか天井や壁の装飾がとても美しい。

2007_0220paris0137

ナポレオンの家

リシュリュー翼と呼ばれるエリアにはナポレオンが住んでいました。
ナポレオンといっても、いわゆるナポレオン・ボナパルトではなく、3世です。1世の甥にあたり、パリ万国博覧会を行った人物です。この部屋は、豪華絢爛なその時代を思わせるとても美しい空間でした。

Photo

3

中庭庭園と彫刻

この中庭には、マルリー城の庭園のために制作された大型彫刻が収められている。作品の大半は、国王ルイ14世が治世の末期に注文したそう。

天使

5

ピラミッドをデザインしたのは中国系アメリカ人のI.M.ペイという人物。

当初はかなりの不評でしたが、今では目玉の一つになっています。

2007_0220paris0117

最後に少し離れた場所から撮影。もう大きいというより巨大!!

一度にあれもこれもと欲張って、歩き回ると疲れてしまうので、

見たいものを絞って鑑賞する事をお勧めします。

12

| | コメント (0)

ケーキ屋さん

11

本場のSWEETS、見た目も味も♡

| | コメント (0)

バゲット

本場のフランスで食べたフランスパン(バゲット)は

本当に美味しかったです♡

フランスパンは固いイメージがあったのですが

やはり本場は違いました!

焼きたてのフランスパン(バゲット)は外側がカリッとしていて、

中は柔らかくしっとりとしていて香ばしいのです!!

皆さん、ぜひお試しあれ~。

2007_0220paris0097

2007_0220paris0096

| | コメント (0)

パリの地下鉄

遊び心溢れるデザインに心踊らされる。

2007_0220paris0085

2007_0220paris0115

2007_0220paris0114_1

| | コメント (0)

トップページ | 2007年3月 »